調光実演ビデオ

LED電球用調光器で0%から100%までちらつきの無い調光が可能。また製造が終了されている白熱電球用調光器でも調光テストを実施。良好な調光が可能です。
※ビデオでの使用LED 電球:LEDフィラメント電球プレミアムクラシックST64Vintage-6D-5W-E26、C35-4D3.5W-E17

エジソン球 ST64Vintage-6D-5W-E26 5灯

東芝LED調光器コントルクスWDG9001使用。

オーデリック白熱電球用調光器LC573使用。


シャンデリア球 C35-4D3.5W-E17 6灯

パナソニックLED埋込逆位相調光器(WTC57582W)使用。

オーデリック白熱電球用調光器LC573使用。


シャンデリア球 C35-4D3.5W-E17 24灯

パナソニックLED埋込逆位相調光器(WTC57582W)使用。

オーデリック白熱電球用調光器LC573使用。

調光器とのマッチングについて

 弊社LEDシャンデリア電球等LED電球は調光対応をラインナップしており、白熱電球用の調光器にも対応しております。
 一般的にLED電球を白熱電球用調光器で調光した場合、調光器の下限側では点滅や微妙な調光等、白熱電球と同レベルの調光はできにくくなります。また調光器の最低負荷容量以下ではLED電球の調光がうまくできません。これはLED電球の故障ではなく、LED電球が低消費電力のため調光器の最小負荷容量を満たしていないことにより、調光器がうまく制御できないことが理由です。

したがって、基本的にLED調光器のご使用をおすすめいたします。中でも下限照度調整機能付きLED調光器は、下限側での調整ができるのでおすすめいたします。
下記製品は、チラツキがでにくい調光で、弊社LED電球との動作確認済みです。

LED調光器(調光スイッチ)

  1. パナソニック製コスモシリーズワイド21[LED]埋込逆位相調光スイッチ WTC57582W」下限照度調整機能付き 製品のページへ
  2. 東芝製LEDコントルクスWDG9001 明るさ下限設定ボタン付き 製品のページへ
  3. ルートロン製「Diva調光器」下限照度調整機能付き 製品のページへ

パナソニック製のLED調光器はボタンスイッチで下限照度調整を行います。この「逆位相調光スイッチ WTC57582W」は2016年に発売され、前モデル(WTC57521Wも動作確認済み)よりもスムーズな調光が可能になっています。
東芝製LEDコントルクスも照度調整ができる明るさ下限設定ボタン付き。フェードイン・フェードアウト機能でスムーズな調光が可能。
ルートロン製「Diva調光器」はダイヤルにて下限照度調整が行えます。この調光器はオンオフスイッチが大きく、調光つまみは上下するスライダー式になっており小ぶりなつまみです。調光つまみはパナソニックや東芝などのロータリー式の方が操作しやすいかもしれません。

  • 注意事項
  • LED電球の接続数が少ない場合は(1~3,4個)、ちらつき等うまく調光できない場合があります。
  • 上記調光器に関して、弊社が調光を保証するものではございません。調光の度合い等につきましてはテストされるなど御確認をお願いいたします。
    ※注 スイッチ1か所で操作する場合動作確認済み。2か所以上で操作する場合は動作確認をしておりません。